不妊の鍼が初めての方へ

持参いただくもの

過去1年分の基礎体温表(あれば2年くらい前のものから)をお願いします。
もし1年分のがないという方はできるだけつけ始めた頃からの基礎体温表をお持ちください。
クリニックに通われている方は検査結果表もご持参ください。

通うペース

基礎体温表の高低を診ながら治療をすすめていますので、たとえば「高温期の頃に2回来てください」とか、「低温期に入る2,3日前に一度来てください」という感じの指示で来院してもらっています。
だいたい1ヶ月に3〜5回くらいです。
また、基礎体温がきれいに二相になっていない方や、疲れやすいなど体力があまりない方、腰痛、冷えなどの症状を持っておられる方には、からだに力をつけ、卵の質を上げていく必要もあるので、そういった方には5〜7日に1回来ていただいています。1ヶ月に5〜7回くらいです。

今まで、数回の治療で妊娠されたり、3ヶ月以内に妊娠された方もいますが、治療期間の目安として半年〜1年以上通っていただくようお伝えしています。

どんな方が来られていますか?

初めてのお子さんを望まれている方から、二人目をほしいと考えられている方もいらっしゃいます。
また年齢層は35歳から45歳までの女性が多く、主婦の方、仕事をされている方などさまざまです。
夫さんも一緒に来られて、隣のベッドで治療を受ける場合もあります。
お子様づれもOKです。(お母さんは落ちつかないかもしれませんが、みなけっこう静かにお母さんの横で遊んでいます)

クリニックにも通ってOK?

クリニックへの通院も同時にされても問題はありません。
クリニックに通われている方は、そこできっちり器質的(かたち)にも機能的にも問題がないか状況を調べてもらえるので、より今のからだの状態が分かるかと思います。
もちろん鍼灸治療だけでもOKです。
が、一度もクリニックに通われたことがない方は一度、妊娠に向け問題がないか診てもらうことをお勧めしています。
というのは、いくら鍼灸治療をしても例えば卵管のつまりなどがあればそれは不妊の要因となりますので、クリニックで卵管は通してもらって、治療をする必要があるからです。

車で通えますか?

駐車スペースがなく、車を置くところがないので、基本は電車で通っていただいています。
ですが、車で来たい方電話で相談です。訊ねてください。

夫も一緒に治療に来た方がいいのでしょうか?

本当は「YES」です。二人のことですものね。


無料相談しています

どんなことでも疑問、不安あれば遠慮なく、実際に来てみてお訊ねください。
そのために約1時間おとりします。
相談したからと、一切勧誘などはしませんので、安心してください。
話して聞いて、納得された方のみ治療をさせていただいています。


早く赤ちゃんをっ!という気持ち

施術後わりに早く妊娠される方もおられますし、ゆっくりペースの方もいらっしゃいます。
どちらにしてもいいとか悪いとかはなく、その人のせいではありません。

…が、長らく不妊治療を続けている方や、自分の思いとは別になかなか妊娠へ結びつかない方、40代に入り妊活された方などは特に苦しい気持ちになることがあるかもしれません。
あせる気持ちにも落ち込んだりもするかもしれませんね。
当院に来られる方もそのような気持ちになると話されます。
でも、
そんな辛い気持ちになるのは自然なことです。

そして、そういった気持ちを打ち消そうとか、無視しようとか思うかもしれません。
自分を責めたりもするかもしれません。

でも、それらの揺れは、「今」を乗り越えるために、心が必死にがんばって、なんとか自分を立て直そうとしているからかもしれません。

もし、そんなつらい気持ちが湧いてきたら、静かに聴いてくれる人がいれば少しらくになれかもしれません。
そして、その誰かが今不在なら、もしよければ私に話しをしてください。

どうか知っておいてくださいね。

あなたは、自分ができる最大限の努力と投資をして、しかも最善を尽くしています。

なので
責めたりするのではなく、

むしろ自分をほめてあげてください。
「ほんまによくやってる、わたしえらい!」





a:116 t:2 y:1