二人目がほしい

「二人目の子どもをと願っているのだけど、なぜか一人目の時のようになかなかできない…」

二人目不妊の方は、一人目さんと歳が離れないうちにと来院されます。

みなさん、子どもさんが小さいので一緒に来られる方がけっこうおられます。
多くは4〜5歳ですが、興味津々で鍼の道具を見たり、お母さんが鍼を受けているのを、不思議そうに超間近でジッと見ています。
その様子がたまらなくかわいいのですが、しばらくすると飽きてしまってお母さんの足元や手をべたべたと触り始めるので、こちらも要領よく治療を進めていきます。

さて、今回来られたKさん。
不妊治療の他に何か悩んでいる症状があるのか訊いていきました。

毎朝、気持ちが悪くて食事を食べられない。
肩こりがひどい。
手足が冷たい、など。

ホームページの「aquaflowの不妊治療」にも書いてあるように、必ず不快な症状も一緒に治療していくのが、当院の不妊治療の方針。
今回Kさんは、息子さんを車に乗せて来らました。
そんなほのぼのとした雰囲気の中、これらの症状がなぜに起きているのかを明らかにしながら、かつ不妊症の治療と同時並行で。

二人目不妊

そして、1週間後の2回目来院。
ここ何年も朝食を摂れなかったのが(食べると吐きそうになる)もりもりとしかも美味しく食べられたとのことで、その様子に夫もびっくりしてたわと喜んで報告されました。
Kさんのように、少しずつ調子が上がり、こうやって体質が変わっていくのを実感されて多くの方が今後の希望を感じていかれるようです。
その後体質改善と不妊治療の積み重ねて半年、不快な症状がほとんどなくなってしばらく経った頃、妊娠反応が出た!と電話がありました。

あのボクちゃんに、弟ができたのよと、1年後にボクと赤ちゃん連れでやって来てくださいました。

こんな時が私のごほうび、本当にうれしいです。
よく「鍼のおかげで…」と言われるのですが、いえいえ、心が折れそうな時もあっただろうに、諦めなかったからこそ、あなたががんばったからとお話しします。
実際そうなのですから。

コメント


認証コード5282

コメントは管理者の承認後に表示されます。